掃除機
四角

​経営者インタビュー

経営者インタビュー
経営者インタビュー
ねこの手ロゴ
リフォームに強い便利屋
小さな依頼から終日受付

大阪・堺市で“暮らしのレスキュー隊”こと「便利屋ねこの手」を経営する内田誠一代表。40年の経験で培ったリフォーム・大工工事の確かな腕をベースに、家と家回り中心の各種工事や、暮らしのさまざまな必要から寄せられる種々雑多な依頼を、60代半ばの今も人一倍の体力とフットワークで精力的にこなしている。そんな内田代表に便利業を始めた経緯や顧客の信頼を得る方法など、ベテランならではの深い話をうかがった。

経験豊富なリフォームを中心に便利業へ進出

川崎 ここ大阪府堺市で「便利屋ねこの手」を営んでおられる内田代表。お生まれは鹿児島県だとうですね。僕も、鹿児島の枕崎市に親戚がいるんですよ。内田代表が大阪に来られたのは、お仕事のためでしょうか。

内田 はい。1970年代に20代半ばで大阪市内の工務店に見習いとして入りました。なので、本職はリフォーム工事です。1990年に便利業として兼業で独立しまして、ぼちぼち30年経ちますね。

川崎 なるほど、得意なリフォームや大工工事をはじめ、どんな依頼も引き受けます、というスタンスですね。あえて工務店ではなく「便利屋」と看板を掲げた理由が気になります。

内田 お客様に信用していただくために、まずは掃除やお部屋の模様替えといった小さなことから、ご利用いただくのがいいだろうと考えたからです。実際、便利屋として何度かお訪ねするうちに、リフォームの受注に発展することもよくあります。

川崎 頼む側からすれば、先に「小さなこと」で関係性が築けているから、少し大がかりな工事も任せられるわけですね。それにしても、その道40年といえばまぎれもなくベテランの域なのに、堂々たる経歴と「ねこの手」というかわいらしい屋号のギャップが素敵だなぁ(笑)

​内田 ご家庭をまわる仕事柄、猫好きの方とよくお会いするからというのもありますし、いかめしい名前にするよりも親しみやすくていいかな、と。だから今の川崎さんの反応は狙い通りでした(笑)

川崎麻世さん
内田代表
手伝いを超える専門スキルが必要な時代に

川崎 便利業の方はフランチャイズも含めて個人で営業しているケースが多いと思います。内田代表も、おひとりですか?

内田 まず私が対応して、ひとりで手が足りない時は、ほかの職人さんに手伝ってもらうこともありますね。

川崎 経験がものをいうお仕事だから、いろいろな技術をもった職人さんに応援を頼めることも重要なのでしょうね。

内田 そのためもあって、さまざまな職人といい関係をつくってきました。でないと、急に「ちょっと手伝って」と頼んでも、来てくれませんからね。

川崎 業務内容を拝見すると、とにかく幅広いことに驚きました。また、一般の便利屋さんに比べて、やはり家と家回りの工事に強いという印象です。

内田 外壁塗装でも屋根工事でも、私のように本格的に対応できる同業者はあまりないでしょうね。現在、飲食店の全面改装の依頼をお受けしていて、クロスやカーペットの張り替えから電気関係、証明も全部行います。助っ人にも協力してもらうとはいえ、リニューアルオープンの日が決まっているので気を引き締めてかからないと。

川崎 先ほどいただいた名刺に添えらえている「暮らしのレスキュー隊」という文字が、まわにぴったりです。一方の便利屋さんとしてのお仕事も、紹介しきれないぐらいバラエティの富んでいますね。

​内田 例えば掃除なら、普通はふき掃除や掃き掃除はもちろん、専門的なハウスクリーニングもやっています。そのほか、植木の剪定や枝落としに害虫駆除、家具や物置の組み立て、分解などもよく依頼を受けますね。最近はお年寄りのオタクに対する福祉サービスが充実して庭の草取りなどの軽作業はヘルパーさんがやってくれるので、自分たち便利屋にはお手伝い以上の高度な仕事が要求されるようになったと感じています。

対話重視・適正価格の工事を今後も続けたい

川崎 中にはちょっと変わった依頼もあるのでは?

内田 探偵のような調査を頼まれて東京まで日帰り出張したり。2、3時間ただ話相手を務めたりしたこともありますね。

川崎 サービスとしては珍しくても、頼む側にとっては切実なことでしょうから、引き受けてくれる人がいるのは心強いと思います。便利屋さんには、どんなことにも素早く応じられる柔軟さが必要ですね。

内田 そういう意味でも、職人同士の横のつながりがあるかないかの差は大きいと思います。先ほどお話しした業務の1つである植木の剪定も、知り合いのプロから基本を教わったからできるのであって、経験ゼロでいきなりは無理ですからね。

川崎 ほかにも、白木洗い、ブロック塀やファレージの高圧洗浄なども専門的な知識や技術も必要なものでしょう。とにかく、困ったことがあったらまず内田代表に電話ですね!ただ、工事の仕上がりや料金のことを心配されるお客さんも多いと思います。納得してもらうために、何か心がけていることはありますか?

川崎麻世さん

内田 言うまでもなく、リゴームや塗装は人によって好みの違いが大きいので、色柄を決めるときも、お客様にひとつひとつ確認しながら進めます。料金については、ご要望次第で前もってお見積もりにうかがいますし、適正な日当と材料費以上は決していただきません。どうぞご安心ください、と伝えたいですね。

 

川崎 経験と実績のある内田代表なら無茶なことはされないという信頼感があるから、30年近い間、お客さんが絶えないのでしょうね。

 

内田 ありがとうございます。おかげさまで、たくさんのリピーターたの方に恵まれて、ここまでやって来られました。夢なんて大それことはありませんが、これからも今まで通りコツコツとこの仕事を続けていき、お客様に喜んでもらえたらそれで満足ですね。

 

川崎 今年6月の大阪府北部地震では母の自宅もかなり揺れたらしく、後で便利屋さんに家具の固定を頼んだところ、壁の色に合わない板を貼り付けられたなどど嘆いていませいた。今日の内田代表のお話を聞いて、このような工事では、依頼者であるお客さんと、依頼を受ける業者のコミュニケーションが本当に大事だという思いをさらに強くしました。これからも頼れる便利屋さんとしてがんばってください。応援しています。

経営者インタビュー
どんな小さな事でもお気軽にお電話ください。
​なんでも引き受けます。
電話イラスト

072-243-8182

その他、できるかぎりの便利屋業務、法令に準ずる作業をいたします。

町の便利屋さん、暮らしのレスキュー隊としてお客様のお役に立ちます!